So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

house of the BLUES / John Lee Hooker [音楽]

すっかりご無沙汰の音楽ネタ。
GWにデトロイトに行ってきたので、デトロイトつながりでこのアルバムを。

House of the Blues

House of the Blues

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Chess
  • 発売日: 1989/10/13
  • メディア: CD


70年代までデトロイトで活動していた「キング・オブ・ブギ」ことジョン・リー・フッカー。
1960年チェスより出された本作はまずジャケがインパクト大。
このあばら家って当時人が住んでたんだろうか…
そんなこと思いながら聴くと1曲目がいきなりおどろおどろしい感じ…。
なんでこんなアレンジにしたんだろ[たらーっ(汗)]
気を取り直してスローブルースの「Union Station Blues」や、おなじみのブギスタイルの「Leave My Wife Alone」あたりはサイコーにかっこいい[ぴかぴか(新しい)]
基本弾き語りでワンコードスタイルなのに、靴音とジョン・リーのちょっと低い声、そしてギターが独特の世界観を醸し出してて引き込まれます。今のミュージシャンの方がギターがうまくて機材もいいはずなのに、あの雰囲気はどうやっても出せないんだよなぁ〜
ライトニン・ホプキンスと合わせて最近のお気に入りです[わーい(嬉しい顔)]

ちなみにデトロイトではジョン・リーの足跡を見つけることはできませんでした。
今はエミネムが地元の英雄としてリスペクトされてるようです。
nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 7

Mr.Shelf

takachanさんnice!ありがとうございます。
by Mr.Shelf (2011-05-25 22:58) 

DEBDYLAN

ジョン・リーもライトニンも大好きです!!
シンプルってカッコいいっすねw

by DEBDYLAN (2011-05-26 23:14) 

Mr.Shelf

両名とも歌+ギターだけですごい雰囲気ですよね。
シンプルに勝るものなしです。
by Mr.Shelf (2011-05-27 12:56) 

Mr.Shelf

ぷーちゃんさんnice!ありがとうございます。
by Mr.Shelf (2011-05-29 00:01) 

DUCK

Mr.Shelfさん
Niceありがとうございました。 私もブルースが大好きなんです。 昔、アメリカに行ったときジョン・リーのライブ見ましたよ。 鼻の穴ふくらませてカッコ良かったです(笑)
by DUCK (2011-06-15 18:38) 

Mr.Shelf

DUCKさんnice!&コメントありがとうございます。

アメリカで生ジョン・リーってうらやまし〜!
本場だと観客の盛り上がり方もすごいんですかね。

by Mr.Shelf (2011-06-15 23:47) 

Mr.Shelf

素老人さんnice!ありがとうございます。
by Mr.Shelf (2011-08-26 12:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。